タイのホアヒンへ行くにはバスが便利③

タイのホアヒンへ行くにはバスが便利③

<<前回の記事

 

そろそろホアヒン行きバスの集合時間なので
バス受付の近くにあるベンチで待機していおきます。

 

集合時間の18:15が過ぎ、
18:30になっても何もアクションがなくて不安になってきました。
同乗者と思われる緑色シールを貼った方々もキョロキョロし始めた頃、

スタッフと思われるおじさんが
「付いて来い」というジェスチャー見せ、急に歩き始めました。
みなさん慌てて付いて行きます。笑
ちょっと適当なのがタイらしいです。
ボーッとしていたら置いて行かれそうです。

バタバタと付いて行き、大きなバスが見えてきました。

 

ここからは日本の高速バスと同じで大きな荷物は預けて預け札をもらい
予約した席番の確認をしてバスに乗り込みます。

 

 

広い〜!(広さ伝わらないですけど。笑)

 

3列ゆ〜ったりシート。座り心地ふかふかです。
足元広くてレッグレストとフットレストも付いています。
前後の間も広いからリクライニングをけっこう倒しても大丈夫そう。

走り出した頃にペットボトルのお水を1本もらえました。
4時間ノンストップですがバス後方にトイレも付いています。

 

座り心地満足な夫婦です。

 

快適な4時間だと思いましたが…

車内が、、さ、寒い〜!

日が沈んだせいか冷房がめちゃくちゃ効いてきました。
私が冷え性なだけかと思いましたが夫も寒いと言うので
こういうときのために持参しておいた羽織ものが助かります。

 

あとから気付きましたがブランケットが借りれたかもしれません。
上の荷物置きにブランケットらしきものがありました。笑

 

 

寒さに耐えながらホアヒンバスステーションに到着しました!
22:00近くだったのであたりはどっぷり夜です。

ホアヒンのバスステーションの場所
▶︎googleMAPに飛びます!

 

さて、ここから宿に向かうわけですが
バスステーションは市街地から離れていて場所が悪いです。
シャトルバスの中にもホアヒンバスステーションに着いてから
ホテルまでの移動料金説明が書いてあり、ここで3択を迫られます。

・乗り合いバンで泊まるホテルまで(1人100バーツ)
・乗り合いバンでホアヒンクロックタワーまで(1人30バーツ)
・タクシー呼んで自分で行ってください(メーター料金)

下調べまったくせずだったので、クロックタワーってどこ?
タクシー呼んでってどうやって…感じなので
みなさん乗り合いバンで泊まるホテルまでを選択していました。笑

 

スタッフの人にホテルの場所をgoogleMAPを見せて伝えて、
2人ぶん200バーツを支払いました。
このとき現金が必要なので事前に両替しておきましょう!

 

ちなみにホアヒンクロックタワーの場所はここです。
▶︎googleMAPに飛びます!

 

ギュウギュウ詰めで後ろに写ってるバンに10人乗りました。

ホテルが近い順に降ろされて行くらしく、
私達は1番最初に降りることができました。

 

 

次はついにホテル到着です。