シミラン諸島シュノーケリングツアー! in プーケット

シミラン諸島シュノーケリングツアー! in プーケット

11月からがベストシーズン!

2018年11月9日〜11月13日で
私達夫婦と友人夫婦でプーケット旅行してきました!

 

プーケットに行って、やって良かったと思ったアクティビティーが
シミラン諸島シュノーケリングツアーです!
シミラン諸島は9つの無人島でタイで最も美しい島と言われています!
ツアーを予約した直後に発表されたシミラン諸島の人数制限でルール増えて
料金がちょっと高くなってしまいましたが自然を守るためなので仕方がありません。

 

シミラン諸島シュノーケリングツアーを
女性目線でめちゃめちゃ詳しく紹介したいと思います!

 

私達は2018年11月11日にツアー参加しました♪

 

日本で事前に
▶︎ほうぼう屋さんというサイトでツアーの予約をしました。
このサイトの[シミラン諸島]シースター 日帰りスノーケリングというプランです。
だいたいのツアー行程もこのサイトに載っているので
事前に流れを確認しておくことができます。

 

 

私達夫婦と友人夫婦の4人組でツアーに参加しました。
朝6:00にホテルのロビー集合と書いてあったので頑張って起きました!

『タイだから遅れて来ることもあるかも…』と思っていたら

[AM 6:00]
ピッタリにお迎えのバンが来ました!笑

乗り合いバンなので、すでに台湾人カップルが1組と
イギリス人1人が乗っていました。

バンの車内は運転手さんのさじ加減でエアコンが効いていて
薄着で乗るにはちょっと寒かったです。

 

[AM 8:00]
早起きでウトウトしている間に到着しました!
2時間乗っていたのでお尻がゴワゴワです。

 

到着したら受付を済ませてグループ分けされます。
ここで1人500バーツの国立公園入域チケットを購入するので
現金をお忘れなく!

 

私達はブルー組さんになりました。
ラバーバンドで色分けされます。

 

ツアーではバスタオル・シュノーケルセット・フィン
1人1つずつ無料レンタルできます。
フィンは借りずにシュノーケルセットとバスタオルだけを借りました。
レンタルしたものを無くすと罰金になるので
なくさないように気をつけましょう。

 

受付が終わると「こちらに来てください」と言われて
右の壁を背景になんの心の準備なく写真を撮られます。笑

撮られた写真はツアーが終わった最後に額縁に入れて販売されるもので、
先に言ってもらってたらもっと可愛い顔したのに…しかもほぼスッピン…
と後悔しかない写真写りだったので買いませんでした。笑

 

ツアー参加者は出発時間までこの場所で思い思いに過ごします。
ちょっとした朝食ビュッフェが用意されているので
朝ごはんを食べたり、日焼け止めを念入りに塗ったり。

野良犬がたくさんいますがみんな大人しくしています。

 

タイ風お粥、ソーセージ、プチパンケーキ、ドーナツ、ビスケット
ジュースやコーヒーといった軽食がありました。

 

タイ風お粥が美味しかったのでおかわりしました。笑

ボートはトイレがないタイプだったのでここで済ませておいた方が良いです。

 

[AM 9:00]
ラバーバンドの色ごとに呼ばれ、ブルー組さんも呼ばれ、
シミラン諸島というのはどういうところかとか、
注意事項などの説明がありました。

 

[AM 9:10]
いざ乗船です!

このときビーチサンダルなど脱げやすい靴は没収されます。
唯一没収されないのはマリンシューズです!
写真にも写っていますがビーチサンダルや靴で来てしまった人達は
なんと1日中裸足でツアーに参加することになります。

 

ライフジャケットを着て、いざ出発!
ちなみにライフジャケットは湿気っていて気持ち悪いです。笑

一緒に乗り込んだのはほとんどブロンドヘアーの白人の方々で
日本人は私達4人ともう1組女性の親子がいました。
ほかのアジア人はバンに一緒に乗っていた台湾カップルとタイ人2人くらいでした。

 

楽しくてハッピーなスタッフさんが英語でいろいろ説明しています。

スタッフさんがクイズを出してきて
正解したらポストカードやキーホルダーをもらえましたが
ほとんど英語が分からないので何も答えられず。笑

 

[AM 10:30]
ボートに乗り込んで1時間10分ほどして
1回目のシュノーケリングポイントに着きました!
かなりのスピードだったので若干船酔いです。汗

 


制限時間40分
ということで
さっそく海に飛び込みます☆

[AM 10:45]
友人夫婦は足が付かないところでは泳げないので
ライフジャケットを着たままシュノーケリングをします。

泳げなくてもライフジャケットを正しく着ていると沈むことはないので
スタッフさんに引っぱられてシュノーケリングを楽しむ方々もいました。

 

ちゃんと泳げればライフジャケットを脱いでシュノーケリングすることができます。
私達夫婦は泳げるので脱いで楽しみました!

透明度がスゴイ!珊瑚がたくさんありました♪
変なポーズをしているのは私です。笑
【GoPro HERO7で撮影】

 

夫はどんどん潜水していました。
1回目のシュノーケリングポイントはけっこう深かったです。
【私のiPhone8sで撮影】

 

スゴイ!夫が潜水してタコを激写して帰ってきました!
まるで水族館で撮ったみたいにお見事です!笑
【GoPro HERO7で撮影】

 

 

ちなみに他のツアーグループも一緒にシュノーケリングをしているので
戻るボートを間違えないように各ボートに目印がついています。
他の船のぬいぐるみは覚えていませんが、
今回ブルー組さんの目印はピンクパンサーでした♪

 

 

[AM 11:35]
お昼のランチタイム&リラックスタイムのために上陸です。
手荷物は持って降ります。
シュノーケルも持って降りてビーチで遊ぶことができます。
島にはトイレがありますがシャワーでお尻を流すタイプ
水着なので豪快にお尻をジャバジャバ洗ってもへっちゃらです。笑

 

上陸すると何やら人が集まっているところがあります。
覗いてみると…

 

か、かわいい〜!!!
ウミガメの赤ちゃんたちがいる〜!!!

 

 

お昼ご飯はランチボックスの配給でした。
みなさんきちんと並んでランチボックスを受け取ります。

 

ランチボックスの中身はこんな感じです。
・トマトソースパスタ?
・ポークソテー?
・海老のサラダ?
・骨付きチキン
・白ごはん

 

機嫌良くいただきまーす!したのですが…

ちょっと船酔いをしていたせいかあまり食欲がなく、
チキンは美味しかったのですが
パスタのソースは甘いし、ポークソテーも甘いし
海老の味は覚えていませんが
あんまり口に合わず残してごめんなさいしました。汗

食後のデザートにスイカを配っていたのでいただいて
スイカは美味しくいただきました♪

 

食べ終わったので目の前のエメラルドの海と
真っ白な砂浜へ繰り出します!

 

お天気が良いし全部キラキラで眩しい〜!
このリラックスタイムは
インスタ映えな写真がたくさん撮れるタイミングだと思います!
インスタ女子はおしゃれな服を持ってきて写真をバシバシ撮っていました。

 

写真で見るよりもずっと綺麗なエメラルドグリーンの海!
ぜひ生で見て欲しい!

 

浅いところを白いお魚が泳いでいましたが
まるで浮いてるような透明度!

 

ビーチで遊んでいるとスタッフさんが
「ブルーチーム!時間ですよー!」と呼んでくれます。

[PM13:10]
ボートに乗って2回目のシュノーケリングポイントまで移動します。

 

[PM13:20]
10分ほどでポイントに到着しました!

 

こちらも制限時間40分で楽しみます。

1回目のシュノーケリングポイントより浅くてお魚が近いです!
ボートの周辺はかなり深かったですが
岩場の近くまで行くとお魚がたくさんいました。
【GoPro HERO7で撮影】

 

本当に水族館みたい!
【GoPro HERO7で撮影】

 

人の近くを大きなお魚が泳ぎ回っています!
水中なので画面タッチができずにピントが合わない。笑
【私のiPhone8sで撮影】

 

iPhoneで撮ったわりにとても綺麗に撮れた1枚!
ちなみに水深10mまで耐えられる防水ケースに入れています。
【私のiPhone8sで撮影】

 

事前のスケジュールを見ると
シュノーケリング2回では物足りないのでは?と思っていましたが
かなりクタクタになったので2回で十分かなと思いました。

 

カメラが安定してなくて下手くそですが、笑
水中はとっても綺麗なので4Kモードでぜひ見てください♪

 

 

[PM14:00]
またボートに乗ってまた違う島に上陸して
1時間半ほどのリラックスタイムです。
ここでも手荷物は持って降ります。
ビーチでのんびりするのも良いし、写真をいっぱい撮るでも良いし、
バランスロックまで登っても良し!

 

[PM14:15]
せっかくなのでバランスロックまで登ってみます。
入り口からは飲食禁止です。
ペットボトルを手に持っていると「ダメですよ〜」と回収されます。

 

この足場を見ると分かりますがマリンシューズを履いていて良かったー!と思います。
足場が悪いので最初の乗船のときにビーサンなどを没収された方々は
こんな大変なところを裸足で登ることになります。汗

 

元気に登る友人夫婦たち。
これはちょっとした登山です。

 

[PM14:30]
ボートから見えていた岩のてっぺんまで来ました!
人が多いし手すりもないし、なかなか危険です。

 

でも絶景!

 

綺麗だけど落ちたらどうしようと腰が引ける〜!

 

上まで登ったあとの下りもけっこう大変!

 

無事に降りて看板のところで記念にパシャリ♪
スタッフさんはいろんなところにいて
撮って欲しいと言えば快く写真を撮ってくれます!

 

島にはトイレと水シャワーがありました。

夫や友人夫婦がビーチではしゃいでいる間に
私はロングヘアーが海水でギシギシだったのでシャワーで髪だけサッと流しました。

 

[PM15:20]
楽しかったシミラン諸島シュノーケリングツアーも終わりで港に帰ります!

スタッフさんがお菓子やクッキーを配ってくれました。
お昼にあんまり食べられなかったのでクッキーがめちゃくちゃ美味しい!
もっとちょうだいと言うとビニール袋に入れてもらいました。笑

 

ヘトヘトでほとんどの乗客は寝落ちし…

 

[PM16:44]
あっという間に港に着きました!
カメラを向けるとピースしてくれるスタッフさん。笑
港はスコールが来そうなほど曇天でビックリ。

 

ボートを降りる前に大自然とスタッフさんへの感謝の気持ちをこめて
突然のチップタイム(箱に入れる)があります。
夫婦2人で100バーツを入れました。
チップなので素晴らしいと感じればいくらでも入れて良いです!

 

無事下船!
ここでやっと没収されたビーサンを返してもらえます。

 

レンタルしていたバスタオル・シュノーケルをしっかり返却し
帰りの時間を伝えられます。
行きと同じバンが17:20出発だそうです。

 

バンの出発時刻まで軽い食事が給食形式でとることができます。

 

けっこう広いです。
他のツアーグループも続々と戻ってきていて賑わっています。

 

これが欲しいというとスタッフさんがお皿に入れてくれました。
右の方に激辛ソムタム、辛いソムタム、甘いソムタムが
選べる所があります。笑

 

ソムタムはビックリするほど辛いです!笑
ビーフンはちょっと甘いのであんまりでしたが
骨付き唐揚げはとても美味しかったです♪

 

アイスもありました!
コーンを持つとスタッフさんがアイス乗せてくれます♪
味はたぶんラムネ入りミルクアイスです。

 

左奥にはトイレとシャワースペースがあり
海水を流して着替えることができました。

 

[PM17:15]
帰りのバンの時間がそろそろなので駐車場に行くと
すでに台湾人カップルが乗って待っていました。
あとはイギリス人が乗って定刻通り出発しました。

若干濡れている服を着ているとエアコンで寒かったですが
ヘトヘトなのでウトウト…

 

[PM19:45]
帰りは道が混んでいたので2時間20分かかって
ようやくツアー終了です!!!
はぁ〜疲れた〜!

思い返すとバンとボートで移動に計6時間50分使っていますが
それでも本当に行って良かったツアーだと思いました!

 

 

ボート上では脱水症状になったらいけないので
スタッフさんが乗客の様子をしっかりと把握して
良く冷えたペットボトルのお水(たまにコーラ)が何回も配られます!
配られるタイミングじゃなくても水が欲しいといえばすぐもらえます。
飲み終わったペットボトルも即回収してくれます。

ヘアゴムを腕に付けて持って行ったはずでしたが
気付いたら腕になくてシュノーケリングするときどうしようと困っていたら
100均で売っているような絡まないヘアゴムをもらえました!
ボートの上で何本でももらうことができます!
忘れても大丈夫でしたが、使い慣れたヘアゴムの持参をオススメします。

酔い止め薬もボート上でもらうことができました。
海外の薬はちょっと…と思うなら
日本から自分にあった酔い止め薬を持参することをオススメします。
私はアレルギーもあるので日本で購入した自分に合う酔い止めを飲みました!

ボートの上にバッグを置いてシュノーケリングするので
もしものために余計な現金や貴重品は持たず荷物は最低限が良いです。

女性はほぼスッピンが良いと思います。
顔は日焼け止めと気になるところにちょっとコンシーラーと
絶対落ちないウォータープルーフのマスカラで行きましたが
友人はアイラインを引いて目のまわりがパンダになっていました。笑
それに海水や落ちた化粧品が目に入るとめちゃくちゃ痛かったです!

 

今回の私達の持ち物リストです。
●国立公園入域チケットを購入代金(1人500バーツ)
●チップ(帰りのボート内でチップタイムがあります)
●水着(着て行く)
●日焼け止め
●防水カメラ(奮発してGoPro HERO7を用意♪)
●スマホ
●スマホ用防水ケース
●マリンシューズ(ホテルから履いて行く)
●ラッシュガード
●着替え
●防水バッグ
●ウェットティッシュ(お弁当箱が油でギトギトでした)
●化粧ポーチ(もう海に入らないとき用にお直し程度)

持って行けば良かったな〜と思ったもの
●フェイスタオル(着替えるとき用)
●防水の腕時計

 

私はピタっとタイプのラッシュガードは着て行って正解でした。
夢中になってしまうのでめちゃくちゃ日焼けします!笑
夫と友人はTシャツを着てシュノーケリングしていましたが
夫曰くTシャツがボワボワして潜水しにくかったそうです。

 

カバンは防水バッグやビニールバッグにしておくと良いです。
ボートの上は濡れたまま座ってシートはビショビショだし
砂まみれで濡れた体のままカバンを持ったりするので
防水バッグなら持ってきたものが濡れずに済みます。

 

バスタオルは現地で借りれるからと持っていかなかったら
着替えるときに拭くタオルがないことに気付きました。笑

 

腕時計はシュノーケリングに夢中になりすぎて時間が分からなくなるので
あってもよかったな〜と思いました。

 

今回はめちゃくちゃ晴れていましたが、
もし曇りや雨の日のツアーならボート上は少し寒いかもしれないので
羽織る物がいるかもしれません。